便秘対策

【便秘改善】大人も子供も『さつまいも習慣』でスッキリ体験談

高齢者から赤ちゃんまで便秘に悩む方は本当に多いです。

特に高齢者は大腸のぜん動運動が弱くなったり、筋力の低下で、便を押し出すことができなくなるため便秘になりやすくなります

本日のテーマ
ツライ便秘、我が家が大人から子供まで快便になった秘策「さつまいも習慣」を体験談とともにお伝えします。

産後のつらい便秘

私は普段、便秘に悩んだことはほとんどなく、どちらかというとお腹を下しやすいタイプです。
そんな私も産後は便秘に悩みました。
いわゆる「弛緩性便秘」と言われる便秘です。

高齢者に多いのも弛緩性便秘

弛緩性便秘の原因は以下のようなことが考えられています。

◆弛緩性便秘の原因◆
・腹筋の低下
・食物繊維が不足している
・腸がゆるんで蠕動(ぜんどう)運動機能がおとろえる
・直腸や肛門の感覚が鈍くなる
・いきむ力が低下

私の場合は出産により、
・肛門括約筋(肛門を開閉する筋肉)の働きが弱まったこと
・産後の傷が怖くていきむ力が低下したこと
・授乳による水分不足
が原因で便秘になったのだと思います。

子供が毎日快便な理由を探る

1人目出産時は、産後しばらく経つと便秘も改善。
なんとか乗り切ることが出来ました。

数年後。。。
2人目出産時も、同様の便秘に悩まされる状態に。
お腹が痛いというより、膨満感で気持ち悪い感じが続く日々。。。

授乳中だったので薬は飲みたくないし、なにか良い方法はないものか。

ふと考えると、いつもほとんど同じものを食べている息子(当時3歳)は毎日快便なのです。
よく言われるようなTHEバナナうんちです。

ももたろう
ももたろう
なぜだろう?
振り返ると、息子は毎日のようにおやつに「さつまいも」を食べていることに気づきました!

さつまいもが便秘にきく⁉︎

実は里帰り出産で帰っていた地は「鹿児島」
とにかくさつまいもを食べる習慣があるんです。

スーパーでも一年中「焼き芋」が売られているのを見かけます。

さつまいもが大好物の息子は、おやつがてら「ほぼ毎日」祖父母にさつまいもを買って貰い食べていました(笑)

ももたろう
ももたろう
快便の理由は芋だ!

そう思った私は、毎日さつまいもを食べてみることにしました。

授乳中ってなるべく自然なものしかとりたくなかったのでその点も安心でした。

便秘改善には『さつまいも習慣』!

さつまいも=ガスが発生しやすい。
そんなイメージってありませんか?

ももたろう
ももたろう
「さつまいも食べることで更に膨満感が増したら怖いなぁ」という思いもありました。

ですが心配は無用でした。
実際には食べて1日目から効果を感じられたんです!
15時のおやつに、小さめのお芋を1本を食べて「夕食後にはスッキリ!」

これには私の家族もびっくりしていました。

その日から、ほぼ毎日さつまいもを食べて産後の便秘の悩みからは解消されました。

あのなんとも言えない便秘の苦しさ、違和感から解放されるのは本当に嬉しい!

私や息子の様子をみてから、祖父母もちょっと便が出ない日はさつまいもを食べるようにしたら、かなり高頻度でスッキリ出来るようになったようです。

3歳の子供から70歳近い高齢者にも効果があるなんて、恐るべしさつまいも効果。

ももたろう
ももたろう
食物繊維が豊富で便秘に良い食べ物であることは知っていましたが、ここまで効果があるとは正直驚きました。

冷凍焼き芋がおすすめ

鹿児島にいると手軽に美味しい焼き芋が手に入るのですが、関東に帰ってくると中々焼き芋が手に入りません(泣)

ももたろう
ももたろう
私の場合はネット通販で冷凍の焼き芋を購入してストックするようにしています。

私はお芋はホクホクよりしっとり派。
甘くて美味しいものがたくさんあります。

1~3キロくらいの重さ毎に販売されているので「冷凍庫の大きさ」「食べる頻度」などに応じて検討されると良いと思います。

※店舗によっては小さいサイズばかりこともあります。
小さいと子供たちは食べやすいけれど、皮をむくと食べるところがちょっとしかない…なんてことも。
初めて買うときは1キロのもので様子を見てもよいかもしれません。

わたしはいつも3キロまとめ買いです♪

授乳を終えた今は便秘に悩まされることはほとんどありませんが、ちょっと数日出てないなぁというときに食べるとすぐに効果があります。

さつまいもは太る?

さつまいもは糖質がメインですから、栄養学的には間食として食べると血糖値が上がりやすく太りやすいと言えます。

しかし食物繊維が豊富で排便がしっかりあるせいか、毎日食べても私自身が「太る」ということは全くありませんでした。
※産後の授乳中だったからかもしれません

朝さつまいもダイエット

調べてみると「朝さつまいもダイエット」という本もあるようです。

管理栄養士として「〇〇だけ食べると痩せる!」のような内容のダイエットは推奨していませんが、こちらの本にも書いてある便秘改善効果やそれによる美容効果は確かに実感しています。

さつまいもの栄養学的なポイントや、ダイエット方法など詳しく知りたい方は一読されると良いですね。

さつまいもで便秘悪化?!

便秘を改善するためには、食物繊維を多く含む食品をとることは非常に有効です。
しかし、ひどい便秘の人が食物繊維を摂りすぎてしまうと悪化してしまう場合があるんです
食物繊維には2種類あります。
水溶性食物繊維』:便を柔らかくする働き
不溶性食物繊維』:便のかさを増す働き

腸が健康な状態の人の場合、腸の蠕動運動によって便と共に「不溶性食物繊維」が取り込まれて便のかさが増していわゆる『バナナうんち』のように健康的な便を作ることが出来ます。

既に、ひどい便秘の方の場合は腸の蠕動運動のはたらきが低下しています
そこに「不溶性食物繊維」を含んだ便があると、大きくなりすぎてスムーズに進まず大腸内に留まりやすくなってしまいます。
大腸内にとどまってしまった便は、水分が徐々に吸収されてかたくなり更にひどい便秘を招く恐れがあるんです。

食物繊維を多く含む食品の多くは、「水溶性食物繊維」も「不溶性食物繊維」も併せ持っていますが、ひどい便秘の方は状態をみながら『不溶性食物繊維』の摂りすぎには注意しましょう。

不溶性食物繊維を多く含む食材は、玄米・さつま芋・ごぼう・大麦などが挙げられます。

イメージとしては便秘に良さそうな食材ばかりですから、便秘に悩む方であれば1度は試したことがあるのではないでしょうか。

便が出にくい、数日でない、ちょっとお腹をスッキリしたいな程度の方であれば、「さつまいも」で私のようにスッキリ感を得られやすいと思います。

さつまいもを利用した便秘対策の食品

先程、管理栄養士として「〇〇だけ食べると痩せる!」のようなダイエットは推奨していないとお伝えしました。

サプリメントについても「これだけ飲んだら、食べたら痩せる!健康になる!」そんなサプリメントはないと考えています。

ももたろう
ももたろう
わたしたちの身体は毎日の食べたものから出来ていることが基本ですからね。

毎日のお食事の不足をサポートする補助的な役目として利用するには良いサプリメントや食品もたくさんあります。
さつまいもを利用した便秘改善のための食品もあります。

わたしのおすすめはこの『さつまいものスムージー・ポタージュ』


普段の食事で不足しがちな食物繊維を美味しく、手軽に補いながら便秘予防に利用できるのは良いですよね。
便秘改善には期待できると思います。

便秘に悩む高齢者にもおすすめ

「さつまいも」なら柔らかいので、高齢者の方もも食べやすく、味もお好きな方が多いと思います。

ももたろう
ももたろう
「さつまいも」は消化によく、比較的カロリーも高いので3食だけではカロリーが不足しがちな低栄養に悩む高齢者の間食としてもおすすめです。

さつまいもそのものが食べられない方は、先程ご紹介したさつまいもスムージーやポタージュスープを利用してみるのも1つです。



飲み込みに(嚥下)に不安がある場合は、とろみ剤でとろみをつけることもできます。
水分としてとれば、さらに便秘解消に繋がります

ダイエット商品なのでカロリーは低いですが、高齢者が間食として利用するのであれば、次の食事に影響が少ないので取り入れやすいメリットもあります。
詳細はこちら

まとめ

今回は我が家が大人から子供まで快便になった秘策「さつまいも習慣」体験談と高齢者にもおすすめのさつまいもを利用した便秘改善が期待できる食品のご紹介をしました。

ももたろう
ももたろう
私の家族の場合はかなり効果が高かったので便秘に悩む方にはぜひおすすめしたいです。
【栄養士直伝】高齢者の便秘の種類・原因は?食事でスッキリ解消!本日のテーマ 今回は高齢者に多いツライ便秘の原因や改善・予防のための食生活のポイントを管理栄養士の目線で詳しく解説します。 何日...